ビーアップ 産後

産後のバストダウンと体重増加は本当にショックを受けますよね。そんな産後のママに人気なのがビーアップです。バストアップとダイエットが同時で来ちゃいます。
MENU

ビーアップで産後のバストアップとダイエットを同時に!

ビーアップ産後のバストアップ

バストアップといった女性ホルモンの分泌をコントロールするサプリメントで一番気になるのが、生理の前後や産前産後の活用法です。

 

妊娠前にビーアップサプリメントを活用しながらバストのボリュームを保っていた方は、特に産後にまた再開したいと願っている事でしょう。

 

ホルモンバランスをコントロールするサプリメントは、特に使用方法をきちんと理解しておかないと授乳中の赤ちゃんへの影響が心配です。

 

今回はビーアップサプリメントの産後にもたらす作用について説明していきます。

 

産後のバストアップサプリメントの摂取方法について

妊娠中に大量に分泌されていた女性ホルモンのエストロゲンやプロゲステロンも、出産すると同時に急激に減少してくる傾向があります。

 

それに伴って白髪や抜け毛に悩まされたり、シミやシワが目立つようになり、産後の鬱といってエストロゲンの減少に伴いセロトニンの分泌が滞る事によって精神的に不安定な状態に陥ってしまいがちです。

 

産後に健康的な方でしたら、赤ちゃんに母乳をあげるために自然とバストが盛り上がってきます。

 

産前にはBカップぐらいしかなかった人でも、Fカップ、Gカップぐらいにボリュームアップするので授乳中にあえてバストアップサプリメントを飲む必要はありません。

 

授乳中に不自然に女性ホルモンの分泌を促すホルモン成分を補給してしまう事によって、その栄養分を赤ちゃんが摂取してしまうので様々なリスクを伴うようになります。

 

例えば妊娠初期に妊娠に気づかずにお母さんがプエラリアミリフィカ成分配合のサプリメントを摂取してしまう事によって、胎児が男児の場合には生殖器官に悪影響を及ぼすリスクが高まるのです。

 

これは授乳中でも考えれらる事ですし、たとえ女児でも何か弊害が起こると悪いので、授乳中のビーアップサプリメントの摂取は避けて下さい。

 

授乳後だったらビーアップサプリメントを飲んでもいいの?

妊娠前にはEカップだった人も、妊娠中と授乳中にはボリューミーでも、卒乳と同時にBカップ、Aカップといった風に何もしていないとどんどんしぼんでいってしまいます。

 

妊娠中や授乳中にはびっくりいするぐらいに張っていたバストが、どうして一気にしぼんでしまうのでしょう?

 

その一番の理由が、バストのボリュームを保っているクーパー靭帯が急激なバストアップによって実は切れてしまっていたのです。

 

クーパー靭帯が切れている状態なのですが、授乳のために女性ホルモンの分泌が盛んになっていて乳腺に栄養分がしっかり蓄えられるようになっているので授乳中だけはバストのボリュームを保つ事が出来ますが、卒乳と同時に女性ホルモンの分泌が元に戻ってしまう、もしくは減少する事によって次第にしぼんでいくのです。

 

だから卒乳してしばらくは様子を観ていきながら、完全に女性ホルモンの分泌が衰えてしまったなと感じた時に初めてビーアップサプリメントを飲み始めるのが良いでしょう。

 

授乳後でも女性ホルモンのバランスはかなり不安定になっているので、じっくりと様子を観る事が大切です。

 

卒乳して落ち着いてからだったらビーアップサプリメントを飲んでも大丈夫?

卒乳してしばらく時間が経過してからバストが萎んで自分の力だけでは元に戻すのが難しいと思った時に、ビーアップサプリメントを飲んでもOKです。

 

妊娠と授乳によってバストのクーパー靭帯が切れている場合には、ビーアップに配合されているプエラリアミリフィカ成分やアグア、ワイルドヤム、ブラックコホシュといった乳腺の栄養分をしっかり補充してあげましょう。

 

それと同時にバスタイムにはバストマッサージをしたり、補正下着を付けたり、大胸筋を鍛えていくといった努力が大切です。

 

産後にはクーパー靭帯でバストを保てなくなっている可能性が高いという事を常に念頭におきながら、バストアップケアに励んでいくようにして下さい。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

産後の卒乳後といったタイミングが、ビーアップの再開にはベストだという事をしっかり理解していただけましたか?

 

ビーアップはそれだけ女性ホルモン分泌作用が高いという事なので、使用上の注意をしっかり守りながらバストケアに取り組んでいって下さい。

 

 

 

ビーアップ参考記事

 

ビーアップ産後

20代前半まではkれいなバストラインがキープしやすいのですが、年をかさね、出産や授乳など体型、ホルモンの変化などで女性のバストもおおきく変わります。補正力の高い下着で脇をすっきりおさえて背中にながれていかないようにすることでシルエットがすっきり見えてバストもアップします。採寸はまめにして試着も面倒がらずすることで自分のバストにきちんとあったものなのか実感できます。おなじカップサイズでもあさめのものもあったりして変にバストをつぶした状態にしてしまっては、もったいなく洋服もきれいに着こなせません。それから日頃からの適度な運動をすることで、ほどよく筋肉もたもてて腕まわりもひきしまりメリハリした上半身がつくられます。日頃の努力なしでは、良いスタイルはてにはいりません。簡単に腕を振りながらウォーキングをおこなったり、両手をあわせてぐっと背伸びをしてみること、肩甲骨をまわして筋肉をほぐしたり、家庭でできるエクササイズもたくさんあります。ダイエットとも関連しますが、プールで平泳ぎや、クロールも全身きれいにすっきりバストアップ効果があるのでおすすめです。バストまわりの筋肉をつかって年齢とともに下垂しやすい部分をきたえること、バストアップにつながり運動にもなるので、短時間でも続けていきたいです。産後のバストアップはビーアップがとてもおすすめできますよ。キャベツでバストアップ?今日は調理学校の教室に行ってきて、キャベツを使った料理をたくさん覚えてきました。おいしい料理がたくさん出来上がってみんなで楽しくお喋りしながらキャベツを食べました。その時に一人が、これでバストアップになればいいなと言っていました。なんのことだろうと思って、後から気になってきて、家に帰って調べてみました。どうやら、キャベツを食べるとバストアップするという意見がかなりあったのです。これのことかと思ってさらに色んな記事を読んでみました。もともともは平山アヤさんという女性タレントの方が経験談として語ったのが始まりみたいです。もちろん食べるだけでバストアップというのは難しいみたいなのですが、多少の変化はあるというのが主流でした。というのも、キャベツに含まれる成分の一つの『ボロン』という成分が、女性ホルモンの分泌を促す作用を持つんだという話しです。しかも平山さんの場合はダイエットのために食べていたようで、かなりの量を食べていたみたいでそのような効果にいたったとも言われています。もちろん、私もすぐに効果が出るとは思ってませんが、人間誰しも行動しなきゃ始まらないですからね。やったうえで、本当に成功すれば痩せて巨乳になれるという最高のゴールが待っているわけですから、試さないわけがありません。

 

このページの先頭へ